テフロン加工って何?

テフロン加工フライパンの正しいお手入れ

表面加工を傷つけない

テフロン加工に使用されているPTEFは耐久性に優れ、かつ、摩擦係数がとても小さい、つまり、とても滑りやすい、という特徴があります。
これが、食材がフライパンにくっつきにくい、という性能の裏付けであり、汚れも落としやすいということなのです。
そのため、洗う時にも、タワシのような固い素材でなく、柔らかいスポンジで充分落とすことができます。
逆を言えば、固い素材のものでは、表面加工を傷つけてしまう恐れがあるということです。
同様に、調理の際も、金属製のフライ返しなど、また、先のとがった器具を使用すると、傷つけてしまう原因になりますので、シリコン製やプラスチック製、あるいは木製のものを使用する様にすると長持ちさせることができます。

火力に注意

鉄製のフライパンなどは300度に達するような高温調理にも耐えられますが、テフロン加工の場合、260度が限界です。
この温度を超えると、コーティングがはがれ、有毒なガスを発生させてしまう可能性があります。
また、急激に温度が変化すると、膨張と収縮で、コーティングがはがれやすくなります。
鉄製のフライパンのように、熱いうちに水につけるような洗い方は厳禁です。
調理後にどうしても急いで洗いたい時は、やけどしない様に気を付けて熱湯で洗うことで温度変化を抑えるようにします。
また、コーティング表面には小さな穴があるため、長時間食材を入れたままにしておくと、水分や食材のカケラが入りこみ、はがれやすくなります。
汚れたまま放置しない、また、作った料理を入れっぱなしにせずに、すぐに他の容器に移しておっくようにしましょう。